HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりドラマ

おとなは秘密を守る

カルテット

極めて面白いドラマだった。

愛も罪もひっくるめて、人間の艶めかしさを、ひたすらに描き連ねていく物語だった。

“白黒”はつかない。

なぜなら、「自由を手にした僕らはグレー」だからだ。

そう、案の定というか、当然というか、

答えは最初から素晴らしすぎるエンディングテーマに表れていたのだ。
(椎名林檎の見事な仕事に脱帽)

言わずもがな、“カルテット”を演じた4人の俳優がみな素晴らしかった。

満島ひかりも、松田龍平も、高橋一生も、それぞれが一つの高みに登る演技をしていた。

が、最終的には主演女優の独壇場だった。

松たか子の不意に見せる瞳の漆黒に、光と闇が等しく入り混じっていた。

その塩梅は、このドラマが繰り広げた光と闇のバランスと合致し、

色々と見どころの多いドラマだったが、

気がつけば、

最初から最後まで「支配」していたのは、

松たか子だったなと思い知り、恍惚となる。


 


あまりに満足したので、もうしばらくはテレビドラマを見ることはないだろうなあ。と、思う。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2526-7fc25976

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。