HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

観に行きゃよかった

月一度の東京出張も4ヶ月目となり、良い意味でも悪い意味でも大分こなれてきた。

今日も、六本木の顧客近くで、六本木ヒルズの森ビルを仰ぎ見ながら、

なんだか「見慣れた」感じを覚えていることに気づく。

どれだけセンセーショナルな景色でも、暫くすれば馴染むものなのだなあと思う。

日韓ワールドカップが開催された頃までは東京に住んでいたわけだが、

もし何かの巡りあわせた違っていて、

あれ以降もずうっと東京に住み続けていたとしたら、

自分の人生と、人間そのものは、今の自分自身とどう相違があったろうかと、思う。


ビジネスホテル近くの串焼き屋で晩酌をし、

ホテルに帰り、女子バレーの五輪最終予選をテレビ観戦した。

相手は、成長著しいタイ。

強かった。拾い粘るプレースタイルは、日本のお家芸そのものだった。

ファイナルセットで6点差をつけられ、もう駄目だと思ったが、

まだ勝ち運はあるようだ。

ホームアドバンテージだろうが、

タイ(監督)の奇跡的な自滅だろうが、

勝ちは勝ち。

こういう試合においては、勝者こそが正義だろう。

狭いビジネスホテルの一室で、一人絶叫し、飛び跳ね、

勝利が決まった瞬間には、思わず床にへたり込んでしまったよ。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2509-9c369ae2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。