HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

史上最高のスイマー

この先50年、いや100年、国内において彼以上のスイマーは現れないのではなかろうか。

それは少々大袈裟にも聞こえるけれど、

実際、彼が日本史上最高のスイマーであることは言うまでもなく、

おそらくは最後の真剣勝負の様に、心が震えた。


北島康介の最後の五輪挑戦は叶わなかった。

最後のチャンスにかけて挑んだ200m決勝。

日本のスポーツファンとしては、ラスト5mまで北島康介の「勝利」を待望したけれど、

結果的には最良の花道となったのではないかと思う。

5大会連続の五輪出場となれば、きっと日本中が湧いただろう。

けれど、決して停滞することなく上がり続ける世界のレベルにおいて、

リオ五輪本番での「惨敗」の可能性は正直高かったと思う。

そんな姿は誰も見たくないし、

北島康介はまた後悔を抱えてしまうだろう。

最後の決勝レースで、レジェンドは全力の真剣勝負をして、

敗れて、

若い世代の二人が五輪への切符を勝ち取った。

それは、偉大なスイマーの最後の勝負に相応しい結末だったのだと思う。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2507-5110312b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。