HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

晩冬の雷鳴

豪雨に雷鳴が鳴り響く晩冬の深夜。

2月半ばにして、もはやずいぶんと暖かくなってきた。

この荒天が、このまま季節を春へと連れて行くのだろうか。

土曜日から日曜日に切り替わる午前0時。

疲れているのか、そういう歳なのか、

このところ、めっきりと夜が弱くなっていて、この時間になるともうすっかり眠い。

平日であれば、明日のコンディションも考慮して、大人しく寝床に向かうところだが、

そこは相も変わらず「待望」の週末、簡単に眠るわけにはいかない。

季節柄潤沢なチョコレートをアテにして安いウイスキーを飲みながら、

だらだらと、睡魔に抗っている。

新居はもうしっかりと居心地良く、“マイホーム”という実感が伴っている。

リビングの天井の杉板を仰ぎ見ながら、「恵まれているなあ」と改めて思う。

自分が手に入れたというよりも、現時点ではまだまだ与えられているという思いが強く、

今の生活環境が分不相応であることは間違いないと思っている。

それをキープするために、これから先が本当に大変なことだと思う。


まあ、結局は、成るように成るということに尽きるのだけれど。


明日は、結婚式を来月に控えた友人夫婦が遊びに来る。

楽しみだ。

日課になりつつあるキッチンの整頓を、いつもより念入りにした。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2499-78b2a513

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。