HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

脇を締める

「ラグビーは面白い」

と、ウチの母親はよく言っていた。

ただやはり自分らの世代では馴染み浅く、

たまにテレビ観戦していても正直ルールが複雑すぎてよく分からないという印象が強く、

両親世代を中心に根強い“熱”がある人気スポーツであることは認めつつも、

よく知らないスポーツの一つであったことは否めない。


多くの国民と同じく、“ミーハー”な熱狂であることは認める。

それでも、今回のワールドカップでの日本代表の「快進撃」による熱狂は、

あまりに幸福で、あまりに偉大な、

日本のラグビー界は勿論、この国のスポーツ史において、大いなるトピックスだったと思う。

大強豪・南アフリカ撃破から始まった今大会の日本代表の戦績は、

予選リーグ3勝1敗で、敗退。

海外メディアは、「最強の敗者」と今大会の日本代表を讃えた。

本当に素晴らしい戦いぶりだったと思う。


一躍国民的スター選手となった日本代表の五郎丸歩のキック時のルーティーンが印象的だった。

しっかりと脇を締めて、精神と身体を一点に集中する様は、

色々な意味で教訓にすべき「姿勢」なのではないか。


次回大会は日本開催。

正真正銘、日本代表を誇れるスポーツの一つとして、

学生競技、社会人競技含めて、このスポーツを楽しんでいきたい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2481-cb3a1e03

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。