HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

されど優勝

白鵬不在となった秋場所は、横綱鶴竜が“順当”に優勝。

度重なる“変化”での勝ち星には確かに苦言を呈したくなった。

しかし、大横綱白鵬が君臨する以上、なかなか優勝が難しい中で、図らずも一人横綱となった今場所は、鶴竜にとって千載一遇のチャンスであったことは事実。

その機会を確実にモノにしたことは、やはり彼が横綱であることの証明だと思える。


逆に言えば、このなりふり構わない優勝への貪欲さを日本人力士にこそ見せて欲しかった。

日本人大関陣にとっては、鶴竜以上に千載一遇のチャンスだったはず。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2477-308c1db0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。