HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

70年目のお盆

今年のお盆は、

休暇期間も短く、どこへ行く、何をするという予定も特になかったので、

戦後70年にあたり、戦争映画を意識的に観ようと決めていた。

太平洋戦争にまつわる話を描いた3本の日本映画を観て、

改めて、この国にとって「戦争」とは何だったのかということを思いふけった。

何を持って「美化だ」と否定するのか。

“彼ら”は、あの大戦中、何を信じていたのか、そして何を信じさせられていたのか。

失われたおびただしい数の命と、生き残り、継がれた命の意味と価値。

70年という年月が経ち、改めて僕たちは何を知り、考えていかなければならないのか。

命を継がれ、僕自身がまた命を継いでいく。

孫の代まで「謝罪」をしていく必要はないのかもしれないけれど、

この国が犯した過ちの真意は、未来永劫継いでいかなければならないのだと思う。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2472-89271bfe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。