HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

歯医者

先日、某飲食店で豚のステーキのようなものを食べていたら、口の中に石のようなものが混ざっていることに気付いた。

口から出し、店に文句の一つでも言ってやろうと思ったが、よくよく見ればそれは詰めていた銀歯だった。

舌先で確認してみれば、やはり左上の歯に大きな穴があいていた。


というわけで、早速歯医者を予約してもらい、数年ぶりに行ってきた。

多くの人がそうであるように、歯医者が苦手だ。

三十路を越えて、もはや恐怖感などはないけれど、

子供の頃からの歯医者での記憶が沸々と蘇ってきて、不安感が募る。


案の定、レントゲンの撮られ、知りたくもない現実を突きつけられた。

“親知らず”が出かかっていると……。

滅入る。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2466-7cb64f66

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。