HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

脱・4月

「4月」は元々好きじゃない。

新年度が始まり、“新しい出会いの季節”というのが、生来の人見知りとしては大変苦痛だ。

そういう、根本的な部分でローテンションだったことも影響したのかもしれないが、

今月は極めて憂鬱な一ヶ月だった。

元々うまくいっていなかった仕事は更に落ち込み、どうにもならなかった。

向いていない仕事の実情にわざわざ気付かされて、現実からほとほと逃げ出したくなった。


それでも、生きていかなければならない。

なぜならば、自分の人生において、「仕事」以外の事象は、殆ど何の問題もなく幸福だからだ。


この一ヶ月、幾度と無く狭い営業車の中で唸り続けた。

その都度、iPhoneのフォルダを開いては、家族の写真や動画を見続けた。


なんとか、しがみつかなければならない、と思った。


難題は立て続くが、憂鬱過ぎた4月の末日、それでも一つの難題をクリアできた。


どうやら、まだ「明日」はあるらしい。


2015-04-30 230902

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2453-094158bb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。