HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりドラマ

高等遊民

低迷続くフジテレビの月曜9時のドラマ枠、

いわゆる“月9”の、“ラブストーリー”を最後まで観たのは一体いつぶりだったのかと、

ウィキペディアで調べてみた。

2005年の「スローダンス」(妻夫木聡・深津絵里)以来らしかった。


そもそも、テレビドラマは年間で2、3作品しか観ないのだが、

今期の“月9”「デート〜恋とはどんなものかしら〜」は、物凄く良かった。


“恋愛不適合者”を自認する主人公二人が織りなす奇天烈な恋愛模様は、

ひたすらに可笑しく、可愛らしく、愛すべき人間味に溢れていた。

「恋とはどんなものかしら」とタイトルに掲げ、導き出された帰着点は、

人間の感情において、とても理にかなっていて、感動的だった。


気鋭の脚本家が初めて描き出したラブコメは、作品として幸福なものに仕上がっていたと思う。

良い脚本家とは、世の中の理に対して誠実な人間模様を描ける人のことだと思う。

エキセントリックでも、非現実的であっても、人や世の理にかなっていれば、

観ている人たちは、キャラクターに感情移入するものだ。

特にそういう部分において、

脚本家「古沢良太」は、今最も信頼できる脚本家だと思う。


杏、長谷川博己をはじめとし、キャストも最高。脚本も最高。


ああ、“藪ロス”になりそう。(主人公・藪下依子)

きっと、スペシャル版があるよね。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2444-d9e0b345

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。