HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりダ・ヴィンチ

ゴールデンスランバー(5年ぶり3回目)

午後11時半、三たび読み返していた「ゴールデンスランバー」の最後の数十ページを読み進める。

就寝時刻の午前0時半になる前に読み終わり、殊更に満足感を得る。

この娯楽小説を読むのは三度めだったが、やっぱり面白かった。

先日映画版を観直したばかりだったが、

映画作品には映画ならではの良さがあり、原作小説には文体ならではの良さがある。


映画を観終えると、小説を読み返したくなる。

小説を読み終えると、再び映画を観返したくなる。


この原作小説と映画化作品の幸福な関係性は、とても稀有なものだと思う。



ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る




タイトルとなっている「ゴールデン・スランバー」は、ビートルズの解散間際の一曲。

今夜はこの“子守唄”を聞きながら眠ろう。



この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2439-674f95e3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。