HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

鎮魂

沈痛。

日曜の朝から、極めて心が痛いニュースに触れなければならなかった。

日本人ジャーナリストが、非道なテロ行為の犠牲となった。

憤怒。

鎮魂。

憎悪。

様々な感情が渦巻く。

「希望」は極めて小さかったとはいえ、最悪の結末、絶対的な悪に対して、

憎しみの存在は否めない。


けれど、

ジャーナリストの彼が望んだ通り、

この憎しみを無闇矢鱈に広げてはならないと思う。

紛争地域にも、イスラム国と自称する地域にも、蛮行を望まない人々の方が多く生きている。

憎しみの螺旋を広げてはならない。



彼と同じように、

世界の目となり耳となり「現実」を伝えるジャーナリストたちの行為を無駄にしないためにも、

事実に対する情報を正確に知り、

「悪」に屈しない姿勢を取り続けなければならないと思う。



憎しみの螺旋を終わらせなければならない。

愚かな人間社会において、もしかしたらそれは不可能なことなのかもしれないけれど、

その動きを止めるわけにはいかない。



今はただ、勇敢で心やさしき日本人ジャーナリストの冥福を祈りたい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2430-d1ed5ca5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。