HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

とり続けるべき姿勢

一人のジャーナリストの生死の行く末に、世界が揺れている。

暴力による「期限」が迫っている。

解決に至るには困難を極めるだろうし、完璧な解決策は存在しないだろう。


「そんなところに行くからだ」

と、ジャーナリストの行為を責めることは甚だお門違いだし、

「自己責任」と宣言した彼の発言に対して、

他人がとやかく言うべきではない。



起こっていることは、そんな安直なことではない。



とにかく今は、突きつけられている暴力に対して、

最後まで対峙し続けるしかない。


諦めては駄目だ。


それはただ単に人道的な見地からではなく、

この世界を、

暴力と憎しみの螺旋が抜け出させるために、

貫かなければならない「姿勢」だと思う。


反省や否定など、そんなものしたけりゃ後でいくらでもすればいい。


諦めては駄目だ。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2429-e7b196a8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。