HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

完璧なアニメ化

TVアニメ「ピンポン」が、あまりに完璧な仕上がりで、最終回を観て涙が出た。

勿論、松本大洋の原作があってこそなのだが、

原作の潮流を忠実に再現し、

そこに更にアニメ化の“オリジナリティ”を存分に盛り込んだ世界観は、

「ピンポン」を超えた「ピンポン」と言って良い。

大の原作ファンがそう言うのだから間違いない。

ペコ、スマイル、ドラゴン、チャイナ、アクマら主要キャラクターは勿論、

「え、アイツをここまで描くか!?」と吹き出してしまうほどの端役に至るまで、

一人一人のキャラクター造形を深め、描き出した様は、

原作のファンである者ほど嬉しかったろうし、

誰よりもこの製作陣が漫画「ピンポン」を愛しているのだろうと思えた。


最終話の「眠いや」までしっかりと台詞を再現してくれただけで感涙ものだったが、

かつてペコが捨てたラケットが浜辺に流れ着いている、

なんてあまりに「粋」過ぎるオリジナル描写を最後の最後まで見せつけられては、

もう手放しで賞賛するしかない。

(あと、チャイナが辿り着いた人生も最高過ぎる!)


Blu-ray BOXが欲しい!が……定価3万超はさすがに……

が、松本大洋の書き下ろしジャケット……

スペシャルTシャツ付……



ピンポン COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]ピンポン COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/08/27)
片山福十郎、内山昂輝 他

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2373-97d16976

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。