HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

つまづき

特に珍しくもなく、風邪をひいている。

今週明けの仕事初めに合わせたかのように、正月休み最終日の日曜日の夜からダウン。

一晩もがき苦しみ、明らかな風邪の諸症状…。

年の初めから病欠するわけにもいかず、激しい気怠さと悪寒をおして出勤。

タイミングは更に悪く、年始初日の午前から営業会議。

それをぼんやりと何とかやり過ごし、午後にこっそり病院へ。

最悪のインフルエンザではなく、ただの風邪ではあったが、熱はなかなか下がらず、さっさと帰宅。

愛妻と愛娘は実家に泊まってもらい、薬を飲んで、寝た。

翌日の火曜日は熱も下がり大分よくなってきていた。

が、愛妻から「風邪ひいた」とのメッセージ。

幼子を持つ夫婦の宿命。一蓮托生。

自分の方は治ってきたと安堵し始めていたが、寝る頃になって喉の痛みと咳の多さが気になってきた。

油断大敵。ぶりかえし。

咳によってなかなか寝付けず、その翌日の今日も一日中、咳が止まらなかった。

こういう時に限って、延々と説明を要する仕事が立て続けで、辛い辛い。

帰宅し、3日ぶりに家族揃っての寝床。

相変わらず咳は止まらんが、愛妻から貰った咳止めを飲んで、さっさと寝よう。


まったく、正月休みの振り返りも出来ぬまま、大正月も過ぎてしまった…。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2306-69874b3e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。