HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

世代交代

オリンピックイヤーのフィギュアスケート全日本選手権。

ある意味、オリンピック本番以上にエキサイティングだと毎回思う。

今夜、男子シングルのプログラムがすべて終了し、「勝負」は決した。


いやあ、良い勝負が見れたと思う反面、複雑な思いは残った。

“ラストシーズン”と掲げた、髙橋大輔、織田信成の実質的な「敗北」には、

やはり寂しさを感じずにはいられなかった。


明日のソチ五輪代表選手発表を前に、髙橋の選出の可能性はまだ残されているが、

圧倒的な強さと成長を見せた羽生結弦をはじめ、

表彰台に登った若い3人の姿を見ると、

「世代交代」というものの必然性を否定できない。


五輪出場を争ったすべての選手にとって、

今夜は眠れない夜となることだろう。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2300-f46011aa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。