HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとり漫画夜話

秋の夜長

「やっぱりエイヒレにすりゃあよかった」と思いながら、

やけにむつこいクリームチーズを最後の肴にしてマッコリを飲んだ。

週末金曜日。

仕事を早く切り上げられそうだったので、飲み相手を探したが誰もつかまらなかった。

しかたなくとぼとぼと帰宅し、愛妻に断りを入れ、一人近所の居酒屋へ。

昨年末に引越してきて以来、某居酒屋チェーンでの一人飲みもすっかり慣れたもの。

入店するなり「1人」と指で伝え、カウンター席へ。

ちなみに、この店のカウンター席はボックス席っぽくなっていて、わりと一人でも居やすい。

晩飯は済ませてきたので、酒と肴を適当に注文し、持ってきた「DEATH NOTE」の9巻を読み始めた。

ふと読み返したくなり、実家の本棚から全巻引っ張り出してきたのだけれど、

久しぶりに読むとやっぱり面白い漫画だと思う。

映画化を含めて(その出来は散々だったけれど)、一つのムーヴメントを生み出しことも理解できる。

原作と作画が別人の少年漫画の中では、「北斗の拳」に次ぐ漫画なのではないかとすら思える。

この漫画の長所でもあり短所でもあるが、一巻を読むのに物凄く時間がかかってしまう。

普通の少年誌の単行本であれば、30分もあれば余裕で読み終わるものだが、

この漫画はストーリーの特性上、各キャラクターの心理描写が大半を占めるため、モノローグが非常に多い。

酒を飲みながらということもあり、

1時間半ほどかけてようやく一冊分読み終えて、帰宅。

その後、就寝前に全巻読み終えなければ気が済まなくなり、

結局最終巻を読み終えたのは、午前2時にさしかかる頃だった。


「L」の前日譚がスピンオフ的に連載されるのかと思っていたけれど、結局無かったな……。


という、どうでもいい秋の夜長。


2013-11-08 205718




DEATH NOTE (7) (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE (7) (ジャンプ・コミックス)
(2005/07/04)
小畑 健

商品詳細を見る


この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2288-ce3c21c5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。