HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりドラマ

役者冥利

憂さ晴らしにコンビニでお酒を買って帰宅。

まだ帰っていなかった愛妻と愛娘を待ちながらしばし晩酌。

帰ってきた彼女たちを迎え、寝床に入る愛娘を見送りながら、引き続き晩酌。

寝かしつけを終えた愛妻と、今日からスタートの「リーガルハイ」を見ながら、さらに晩酌。


いや、流石に面白い。

「半沢直樹」はもちろん面白かったけど、

「脚本」そのもののクオリティーとキャラクター造形に至っては、

圧倒的に「リーガルハイ」の方に分があることは明らかだ。

またしばらく楽しみに待ちがいがあるドラマがあることは嬉しい。


それにしても、“半沢直樹”から“古見門研介”、このキャラクターのギャップは見ていて楽しい。

演じる堺雅人は、役者冥利に尽きるなあと思わずにはいられない。


もちろん、彼が今一番信頼出来る俳優であることは言うまでもない。

あ、香川照之も。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2276-8c22cbdf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。