HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

TOKYO 2020

午前6時過ぎ、目が覚めた。

眠ってしまっていた。

「結果」が入ってこないように、とりあえず時間を確かめようと、おそるおそるiPhoneを見た。

すると、案の定というか、なんというか、

母親から「ヤッターマン!オリンピックを見に行くぞ〜」という高揚したメールが届いていて、「結果」を知ってしまった。

ただ、瞬間的に何よりも喜びが先立ち、

「這ってでも行く」と、返信した。


それから、録画していた開催地決定の中継を観た。

結果を知った上で、日本の最終プレゼンテーションを観て、

もうそれだけで涙が溢れてきた。

そして、IOCのジャック・ロゲ会長が「TOKYO!」と発した瞬間、

結果は知っているのに、思わず何度もガッツポーズをして、涙が止まらなかった。


五輪招致に尽力したすべての人たちに感謝したい。

そして、それに成功した日本という国そのものを誇りに思う。


何度でも言うが、

オリンピックを開催するということが何よりも重要なのだ。

この国には、おびただしい「問題」が鬱積しているけれど、

7年後のオリンピック開催が決定したことで、

その諸々の「問題」に対して、改めて国民全員が誠心誠意向き合わなければならなくなった。

精神的にも、社会的にも、経済的にも、環境的にも、教育的も、もちろんスポーツ界的にも、

濃い靄がかかって極めて見通しが悪く、

それでも前に進んでいかなければならない世の中において、

この“きっかけ”こそが何よりも必要だったのだと思う。



と、大義名分はいくらでもある。

それよりもなによりも、

オリンピックが観られるということが何よりも嬉しい。


何度でも言う。

しっかり生きて、

2020年、這ってでもオリンピックに行く。


2013-09-08 070715-2

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2261-e28a6c03

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。