HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

孤高の引退

宮崎駿が長編映画製作を引退した。

引退会見の模様を見て、とても彼らしい立ち振る舞いともの言いに、

なんだか安堵感を覚えた。

ファンという範疇を超えて、彼の作品で育った者としては、

さみしさとか、残念な気持ちももちろんあるけれど、

宮崎駿という人が、創作者として「仕事」をやり尽くしたということを感じられて、

それが、ある種ホッとした気持ちに繋がったのだと思う。

最新作「風立ちぬ」が、宮崎駿の正真正銘の集大成と言えるある種の「特別」を孕んだ傑作であったことも、

そういう安堵感に直結しているだろう。

何はともあれ、数々の名作を生み出した宮崎駿の創造性そのもに感謝したい。

そして、これからも何度も何度も、彼の作品を観続けるだろうと思う。


……こんなあたかも追悼文的なことを綴っといて、

また新作が生まれたら、笑うしかないが、

それが絶対にないとも言えない。

なんたって彼は「自由」になったのだから。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2259-348a4d97

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。