HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

特撮

気がつけば5月も最終盤。“夏”を感じさせる暑さがじわじわとにじり寄ってきている。

そんな中、昨日の日曜日は、午前中、実家の田んぼの肥料散布の手伝いに小一時間程励んだ。

父親との話もそこそこに、急ぎ足で自宅に戻り、シャワーを浴びて身支度。

すぐに出かけ、近所のファミリーマートで昼食用のサンドイッチと、“チケット”を購入。

車中、サンドイッチを頬張りながら、一路「愛媛県美術館」へ。


念願の「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に参じてきた。


2013-05-26121808-1.jpg



いや、もう、最高ですね。


それ以上の言葉など必要ないと感じる。


「特撮マニア」と自称出来るほど造詣は深くないけれど、

昨日ほど、「ゴジラ」シリーズは勿論、数々の特撮映画を愛し観てきて良かったと思えたことはなく、

「巨神兵」に畏敬の念を抱き続けてきたことを誇りに思えたことはなかった。

「ゴジラ」も「妖星ゴラス」も「海底軍艦」もすぐにでも観直したいと思ったし、

まだまだ観られていない特撮映画をきちんと観たいと思った。


敢えて言葉にするのが馬鹿らしいが、「特撮」が日本の誇る文化であることは間違いなく、

もしそれが廃れようとしているのならば、これほどの文化的危機はないと思う。


言いたいことは尽きないが、このような展覧会を実現し、日本中の人々に観る機会を与えてくれた、

庵野秀明をはじめとする現場第一線の“特撮マニア”たちに心から感謝したい。


2013-05-26162042.jpg



後に予定もあり、2時間あれば充分だろうと思っていたが、正直2時間の滞在時間では足りなかった。

別料金の音声ガイダンスを聞きながらじっくり回り、

途中目玉ともいえる特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」(二回観た)や、

そのメイキング映像の上映もしっかり観ざるを得ず、

少なくとも3時間は必要だった。

地元の美術館では、まだ一ヶ月近く開催期間があるので、何とか可能であればもう一度行きたいと思う。


売店の商品も色々と目を引くものばかりだったが、

時間もお金も無かったので、

“巨神兵ガチャガチャ”1個でぎりぎり我慢。

iPhoneアプリでついつい“撮影”に凝っちゃうその日の夜だった。


2013-05-26214445.jpg

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2220-10d74eb5

コメント

特撮ってホントにいいものですよね。個人的には特撮はメイキングが1番面白い!そういや巨匠ハリーハウゼンがこの前亡くなられましたね。
エヌ氏、そうメイキング上映が楽しかったー。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。