HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとり漫画夜話

水中バギー

こうも情報化社会が極まってくると、

一週間前の話題でさえ「古い!」となりかねないが、

敢えて持ち出す。


大西洋沖での「アトランティス大陸発見!?」のトピックスには、

個人的に密かに高揚していた。

厳密に言うと、実際に発見された地質のデータは人類が登場するよりもずうっと前のものらしく、

「伝説」とされるアトランティス大陸とは異なるらしいが、

それでも興味が削がれるようなことはなく、更なる「発見」を期待せずにはいられない。


で、個人的に、「アトランティス大陸」というフレーズを聞けば、

何を置いても思い起こされるイメージは一つしかない。


“大長編ドラえもん”の「のび太の海底鬼岩城」である。

世のドラえもんファンにとっては必然であろう。


a17f939f53acef3909e7da600d7b0490.jpg



映画作品原作の“大長編ドラえもん”シリーズにおいても、

特に「名作」の誉れ高いのが、この「鬼岩城」だ。

藤子・F・不二雄の「SF作家」としての天才ぶりが爆発している作品と言って過言ではない。


「伝説の大陸」とされる「アトランティス大陸」そして「ムー大陸」が、

元々「海底国家」だったという大胆な設定を礎にし、

その上で、進化論を踏まえた“海底人”の進化、“バミューダトライアングル”の怪伝説を絡め、

更には、コンピューターの暴走や、

現実の「冷戦構造」を彷彿とさせる超大国同士の対立を引き合いに出し、

世界の終末の危機を、「ドラえもん」とは思えない悲愴感の中で描き出した大傑作である。



人類が未だ立ち入り切れていない領域こそが、“海の底”であると言われる。

“そこ”に何があるのか?

「冒険」は、いつの時代も、人類の進化における必須項目だ。



大長編ドラえもん (Vol.4) のび太の海底鬼岩城(てんとう虫コミックス)大長編ドラえもん (Vol.4) のび太の海底鬼岩城(てんとう虫コミックス)
(1983/06/25)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2214-f428d2a2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。