HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

岡山倉敷旅行2013 「vol.3 おもちゃ王国編」

「おにがおった」

という理由で、珍しく夜泣きが激しかった愛娘だったが、いつもと変わらない時間に起床。

当然、それに合わせてさっさと身支度をし、朝食を済ませた。

朝食も正直大したことはなかったが、そもそも宿選びには制限があり、それほど期待もしていなかったのでまあ良し。

眠気とそれに伴う気怠さを一旦仕舞い込み、二日目のメインテーマである「おもちゃ王国」へ。


当初は、一日目のお昼頃から行こうかと考えていたのだけれど、

愛娘の昼寝タイム等を踏まえると時間帯が悪いような気がして、二日目の朝一からに変更した。

この変更が極めて功を奏した。

連休中は開演時間が一時間早まるという情報も事前に仕入れ、午前9時半に到着。

ほぼすんなりと入園することが出来た。

園内は総じて子ども向けの遊園地という雰囲気に尽きており、朝一に関わらず賑わっていた。

遊園地と呼ばれる場所に来たのも実に久しぶりだったので、自然にオトナ心も高揚してきた。

二歳に満たない愛娘は、まだあまりアトラクション系には興味を示さないので、

乗り物券は一切買わず、点在するパビリオンでおもちゃ遊びに没頭していた。

まあ「おもちゃ王国」なんだから、それで良いよねと思う。


P1280885.jpg

2013-05-05 100610

P1280950.jpg

P1280978.jpg




正午をまわり、益々入場客は増え続けている様子だった。

愛娘もさすがに遊び疲れてきた様子だったので、引き上げることにした。

外に出ると、駐車場はぎっしりと満車になっており、駐車待ちの車列が一般道まで延々と続いていて、他人事ながらげっそりとした。

予定を変更して良かったと、夫婦揃って頷いた。


P1280989.jpg

2013-05-05 103656




“初めての遊園地”は、たぶん記憶には残らないのだろうけれど、楽しいそうにしていたので良かったと思う。

もう少し大きくなったら、しっかり一緒にアトラクションにも乗りたい。

そして、ディズニーランドにも行きたい。とんと興味の無い愛妻は行きたがらないけれど……。


P1290013.jpg

P1290021.jpg




おもちゃ王国を後にし、車に乗り込むと、途端に愛娘は寝息を立て始めた。

それに伴い、昨晩ほとんど眠れなかったであろう愛妻も眠り始めた。

そのまま帰路に就き、2時間半で松山まで帰った。

後ろの二人はずうっと寝ていた。


2013-05-05 144527


お疲れちゃんでした。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2213-b486dd1f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。