HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

岡山倉敷旅行2013 「vol.2 料理旅館編」

「今年のGWはどこかへ行きたい」と夫婦の間で決まったのは、2月末。

アベノミクスやら何やらと、世の中の景気が若干上向きになって、消費拡大傾向になってきた折に、

まんまと国内旅行に出かける僕たちは、意に反して、極めて「平均的」だなと思う。


行き先を「倉敷」に決めて、岡山県内の周辺エリアで宿を探した。

何と言ってもGWなので、そうそう条件に合う宿の予約が出来るか不安だったが、案外すんなりと予約に至った。

因みに、今ウチで最も優先しなければならない宿泊先の条件は、「和室」であること。

愛娘が就寝前後で動き回るので、ベッドで寝かすのはまだ怖い。


そういうわけで、美観地区のエリア内に所在する宿に宿泊した。


美観地区をぶらぶらと散策し、流石に歩き疲れてきたので、

チェックイン時間の16時前に宿に戻ってきた。

元は呉服屋だったという宿は、建物自体は古いが、それなりに整えられていて雰囲気は良かった。


P1280820.jpg

P1280792.jpg

P1280805.jpg



ただし、総じてサービス面ではいささかの素人臭さを感じた。

曲がりなりにも、夫婦共々客相手の仕事をしているので、

観光地の宿というサービス業の極みとも言える場面での不手際は、どうしても気になってしまう。

正直なところ、「料理旅館」を名乗っている割には、期待した料理も大したことはなかった。


2013-05-04 171213



お風呂に入り、食事を済ませ、とりあえず愛娘を寝かしつけた。

そのまま寝てしまっても良かったのだけれど、何だか勿体ない気がして、飲み物を買いに少し外に出た。

灯りが灯った宿の前の通りの雰囲気がまた良くて、

もし独り身ならこのままぶらりと歩き出すのになと思った。

表の自販機で買ったお酒を飲みながら、

小さなロビーでまったりしていると、盲目の按摩師が下りてきて、番台で清算して帰っていった。

「座頭市」の映画に紛れ込んだような感じがして、一人ほくそ笑んだ。


2013-05-04 220649-1

2013-05-04 223559



割に高い宿泊費の大部分は「場所代」だなと思った。


女将に部屋を間違えて通されたことも、

家族風呂のシャワーが出なかったことも、

夜中に愛娘が何度も泣いて弱ったことも、

翌朝「なんで泣いたの?」と聞いたら、「おにがおった」と答えたことも、

ぜんぶひっくるめて、「思い出」だよねと思う。


P1280879.jpg

2013-05-05 083656




「vol.3 おもちゃ王国編」に続く。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2210-9aef77ae

コメント

そこで、サービスのプロ、ディズニーよね!おにもおらんよ~~

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。