HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

岡山倉敷旅行2013 「vol.1 美観地区編」

「連休」は連休らしく過ごしたい方。

なので、せっかくの休みには、多少疲れてしまうことは承知の上で、

しっかりどこかへ遊びに行きたいもの。


というわけで、数ヶ月前に予約を取って、岡山は倉敷へ一泊旅行へ行ってきた。

行きたいところはいろいろあるけれど、

一歳10ヶ月の愛娘を連れてとなると、範囲も手段も限られる。

自動車で行ける範囲内として、3年前に行った倉敷に再度行ってみることにした。



松山から倉敷まで普通に行けばおおよそ2時間半。

愛娘のぐずりを誘発しないように、各所SAでこまめに休憩を取りながら、松山道から瀬戸大橋へ。

幾度も「どこ行くの?」と聞く愛娘に、都度「楽しいとこ」と答えつつ、都合4時間程で倉敷に着いた。


2013-05-04 091252

P1280618.jpg

2013-05-04 111647-1




正午過ぎに、倉敷美観地区のエリア内にある宿に到着。

東町というエリアにある名前もそのままの「くらしきの宿 東町」に宿泊。

何よりも、宿が所在する通りの雰囲気がとても良く、時代をトリップしたような旅感覚を味わうことができた。

宿に荷物だけ預け、そのまま美観地区を散策。

さすがにGWだけあって、観光客で溢れかえっていたけれど、

「美観地区」という名称に遜色ない街並を堪能。

街並をアピールする観光地は多くあるけれど、本当に歩いているだけで楽しい所はあまりない。

昔ながらの居酒屋の昼定食を食べ、実家の家族へお土産を買い、愛娘は“スーパーボールすくい”をせがんだ。


2013-05-04 123001-1

P1280651.jpg

P1280642.jpg

P1280697.jpg

P1280716.jpg




3年前に来たときは、結婚して半年後くらいで、当然娘はいなかった。

その時に撮った写真に「愛妻と行く」というタイトルを付けた。

P1060783.jpg



今回撮った写真には当然、「愛妻と愛娘と行く」とタイトルを付けよう。

P1280728.jpg

P1280732.jpg



「vol.2 料理旅館編」に続く。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2209-fac31918

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。