HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

虚無

また、米国の厭な事件の報を知って、気が大いに滅入った。


5歳の男児が銃を誤射して、2歳の妹を死なせてしまったという。

これだけでも充分耳を疑うが、更に理解に苦しむのは、

その銃は昨年、男児本人にプレゼントされたものだということ。

「マイ・ファースト・ライフル」とうキャッチフレーズで、

“子ども向けライフル”が商品化されているということを初めて知った。

ブランドのCMでは、まるで家族で水鉄砲で遊んでいるかのように、

幼子たちが嬉しそうに本物の銃を手に取っていた。


異様な世界を描いた映画の描写かと思いたくなるが、紛れもない現実。

力なく、「勘弁しろよ……」と思う。

怒るとか、驚くとか、悲しむとか、呆れるとか、そういう一通りの感情を超えて、虚無感を覚える。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2207-8175ca9f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。