HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとり漫画夜話

軌道修正

若い二人が満開の桜を見上げた瞬間、桜の木の後ろを電車が過ぎ行く。

擬音は描かれていないけれど、パァーンッという音が伝わってくる。

いつも、鳥肌が立って、それと同時に涙腺が緩む。


浅野いにおの漫画「素晴らしい世界」のラストシーン。


この漫画を初めて読んでから8年くらい経つ。

登場する人物たちの誰に感情移入するかということが、少し変わってきていることに気づき、

我ながら歳をとったんだなと思う。


ただ、読み終わって、

「生きる」ということにほんの少し前向きになれる感覚は変わらない。

今さら、そんなことにふらついている場合じゃないことは分かっているけれど、

“バランス”はちょくちょく悪くなる。

だからこうやって軌道修正が必要。



初めて読んだ時、「悔しい」と思い、すぐに映画化されるだろうと思った。

そういえば、まだ映像化の話は聞かない。



素晴らしい世界 (2) (サンデーGXコミックス)素晴らしい世界 (2) (サンデーGXコミックス)
(2004/05/19)
浅野 いにお

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2197-a28562c5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。