HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

神様とアッチョンブリケ

先日の日曜日、ようやく「手塚治虫展」に行ってきた。

地方都市の美術館で短期開催される展示が、どれほどのものかと懐疑的な部分はあったが、

子供の頃から、手塚治虫という漫画家は自分にとって「神」であるということは間違いないし、

先だってYahoo!オークションで購入した「手塚治虫オールスタージグソーパズル」も完成したばかりで、

このところ、何十回目かの手塚治虫ブームになっていたので、

時間の合間を縫ってやっぱり行くことにした。


宝塚市にある手塚治虫記念館の“出張所”みたいな感じかなという予測だったが、

展示はファンにとっても思いのほか充実していた。

「鉄腕アトム放送50周年記念」という名目らしく、

手塚治虫が漫画を娯楽文化として確立し、アニメーショーン製作に至った経緯に焦点が当てられており、

改めてこの人が漫画とアニメの先駆者であり、絶対的な“神様”であったことを痛感した。


長編から短編に至るまで、手塚治虫の作品は大方読んできたつもりだったけれど、まだまだ読んでいない作品は多い。

それくらいに、彼の作品は膨大で果てしない。


tezukaten3.jpg

tezukaten1.jpg

tezukaten2.jpg

tezukaten4.jpg

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2192-f98f3760

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。