HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

「御法度」

「今夜、忍んでいく」

映画「御法度」で、浅野忠信が松田龍平に対して言う台詞だ。

つまるところ、男が男に対して“夜這い”に行くことを堂々と宣言している。

そして、今作は「新撰組」を描いた映画である。


「新撰組」を描いた映画は勿論数多くあって、

この映画よりも優れた映画は山のようにある。

けれど、「新撰組を描いた映画を挙げろ」と問われれば、

「御法度」という作品名を答えてしまうかもしれない。

別に好きな映画というわけでもない。ただ印象強い映画であることは間違いない。


他界した大島渚という映画監督は、そういう類いの映画を撮る人だったのだと思う。

物腰とか、物言いとか、その特徴的な佇まいは、あまり好きではなかった。

観ている作品といえば、あとは「戦場のメリークリスマス」くらいだが、

作品そのものも、心から「好き」とは言い難かった。

けれど、「印象」は強い。

それはやはりこの人物自体のパワー故だったのだろう。


現在の日本の映画監督には殆ど見られなくなった“反骨心”を持った作家だったことは間違いない。

ご冥福をお祈りします。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2164-91682757

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。