HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

かぶく者

昨日の朝、いつものようにスマートフォンでニュース記事を見て、

あまりに悲しいニュースに絶句した。


歌舞伎役者の中村勘三郎さんの死は。歌舞伎に限らないすべての芸能ファンにとって悲し過ぎることだ。

大人物の死に際して、その業界にとって「大きな損失」という表現はよく使われるが、

歌舞伎界にとって、いや日本の芸能界にとって、これほど大き過ぎる損失はないと思う。

おそらく、歌舞伎に疎い人であっても、「中村勘三郎」という名前を誰もが知っているのは、

彼がいかに歌舞伎を誰よりも愛し、同時に常に新たなものに挑戦をし続けたことの証明に他ならない。


何を置いても若過ぎる。

すでに偉大な役者であったことは疑いようもないが、

これから歳を重ねるごとに、その人間としての価値が深まっていったであろうことは間違いないことであり、

その「伝説」を目の当たりに出来なくなってしまったことが、心底悲しい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2147-7a596612

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。