HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

ストライカー

12歳の時、初めて“サッカー雑誌”と呼ばれるものを買った。

それを買った目当ては明らかだった。

その号の付録が中山雅史のポスターだったからだ。


ジュビロ磐田のサックスブルーのユニフォームを纏い、

ゴールを見据えてボールを蹴り出そうとする中山雅史のポスターを、

僕は数年間に渡り、自室に貼っていた。


サッカー観戦は今も大好きで、国際試合はもちろん、Jリーグの試合中継も出来る限り観ている。

サッカー少年でも何でもない僕が、サッカーというスポーツが大好きになったきっかけは、

もちろん当時発足したばかりのJリーグの熱狂によるところが大きいけれど、

それと同じくらいに、中山雅史というサッカー選手のファンになったことが大きい。

サッカー経験のないサッカーファンにとって、

中山雅史のプレーは、それそのものが最も分かりやすいエンターテイメントだった。

彼がピッチを走り、跳び、ぶつかる様に興奮し、ゴールを外した様に顔を歪め、ゴールを決めた様に歓喜し続けた。

僕にとっては、中山雅史というサッカー選手そのものが、日本サッカーの象徴だったと言っていい。


45歳の中山雅史が今日ついに現役引退を発表した。

感想は「寂しい」の一言に尽きる。それ以外にはない。

ただただ、僕にサッカーの楽しさを見せつけてくれた偉大なストライカーに感謝したい。


追記:

盟友の引退を受けて、中山雅史よりも一学年年上の三浦知良がインタビューを受け目を潤ませていた。

「あいつがいたから、ここまでこれた」

と言って感極まるキングの姿に、泣けた。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2145-a3f55436

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。