HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

ドラマラッシュ

年の瀬に差し掛かり、気忙しい時期。

このところテレビドラマなんてとんと見ていなかったのだけれど、

なぜだかこのタイミングで、今クールのテレビドラマを3作を見るはめになってしまった。

もちろん、自分が見たいから見ているのだけれど。



まずはフジテレビの「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」。

元々フジテレビ系の“職業もの”ドラマは好きなので、

空港の管制官に絞った題材には大いに興味を引かれた。

そして何たって深田恭子がカワイ過ぎる。

元々嫌いじゃないが、何だか一段と魅力が際立っているように思う。

若手女優の台頭が激しい中、彼女がアイドル女優としての存在感を示すドラマになりそうな気がする。




続いて、TBSの「大奥 ~誕生~[有功・家光篇]」。

よしながふみの原作漫画は数年来のファン。

先日、二宮和也主演の映画「大奥」をようやく観て、予想を大いに上回る出来映えだったので、

今年公開される映画化第二弾は是非劇場で観ようという構え。

ならば、同じく堺雅人主演のテレビドラマ版もフォローしておこうと思った次第。

やはりこの物語は、そもそもにおいて好き嫌いが分かれる作品だと思う。

本当はNHKの大河ドラマで大ボリュームで繰り広げてほしいところだが、

決して万人受けしないことは明らかなので、それはあまりに非現実的。

民放でもどれ程踏み込めるかは懐疑的だったが、今のところ誠実に映像化してみせていると思う。

主演の堺雅人は年齢的な無理感を持ち前の演技力で何とかカバーしている。

ここまでは何と言っても、春日局を演じる麻生祐未の存在感が際立ち過ぎている。

その点も原作の流れをちゃんと汲んでいると言って良い。



そして最後は、フジテレビの「高校入試」。

番組表を追っていたら「エデュケーショナルミステリー」という言葉が目に飛び込み、「何のこっちゃ?」と思った。

端的に言い換えれば「教育ミステリー」ということになるが、益々訳が分からなかった。

更に脚本は、「告白」の湊かなえの書き下ろしとのこと。

不確定さに対しての懐疑が拭えぬまま、録りためていた3話分を一気に観た。

結果、どういう話なのか掴みきれぬままだが、「おもしろい」と思えることは確かな状態。

「高校入試」という社会的定石の歪さと、そこに絡まる幾重もの不穏さが、

ちょっとこれまでに見たことが無いテレビドラマの世界を構築している。

主演の長澤まさみ以外は、非常に地味なキャスティングながら、

曲者揃いの芸達者たちが印象的な役柄を演じており、

先の展開が非常に気になる。



というわけで、映画鑑賞も追い込みをかけないといけない時期にも関わらず、

非常に忙しい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2127-b8e128c6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。