HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>酔っ払いのひとりごと

アイドル下克上

「この人たちは、ほんとに“男らしい”な」

と、一人留守番の夜、ワンコインでおつりがくる赤ワインを飲みながら、

AKB48じゃんけん大会の録画を二日遅れで見ながら、思った。

「“じゃんけん”て……」と馬鹿にしていた部分は正直あったが、

一つの勝負で下克上があり得るこのシステムのえげつなさと、

それに伴うエンターテイメント性、

安い赤ワインによる酔いが効いていたとはいえ、

あからさまに仰々しいその様に、結局は引き込まれてしまった。

知名度のレベルに関わらない、勝者の剛胆さと、敗者の潔さ、

そこには、日々この大所帯の中でせめぎ合っている女性たちの“強さ”が溢れ出ている。


それにしても、解説席に半ば意味不明に、

亀田興毅と田原総一郎が座しているのには驚いた。

田原さんよ、ついに日本の政治に熱くなるのは馬鹿らしくなったのか……。


そして、初めて見知ったが、

“ぱるる”(島崎遥香)カワユス。

この人には、表面的な可愛さの裏に、底意地の強さを感じる。

ああいう、ある意味“いけ好かない”感じは、芸能人として嫌いじゃあない。

「運」も含めて、アイドルとして成り上がるための“要素”は兼ね備えているのではないかと思った。


2012-09-20-23-40-33_photo.jpg



てな感じで、秋元康の戦略にまんまとハマる夜。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2110-6bbbaac8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。