HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

すべてを流す涙

スポーツは感動を生む。

それは応援している者が勝利をした時か。素晴らしいプレーを目の当たりにした時か。

様々な場合があるだろうが、

見ていて思わず涙が溢れてしまうのは、

心の底から喜び、すべての感情が弾ける勝者の姿を見た時だ。


女子レスリング48kg級をオリンピック初出場で制した小原日登美の勝者の姿を見て、改めてそう思った。

女子レスリングが2004年のアテネ五輪の正式種目に決定した2001年、

金メダルの最有力候補と目されたのが、世界選手権を連覇していた小原日登美(旧姓:坂本)だった。

しかし、五輪で実施される階級は世界選手権等の7階級の内、4階級。

彼女がカテゴライズされていた51kg級は、その中に入っていなかった。

下の階級には実妹がおり、骨肉の争いとなることを両親から猛反対され、上の階級での五輪出場に挑んだ。

しかし、そこには最強女王・吉田沙保里が君臨していた。

階級の狭間で苦しみ抜いた日々。

2008年一度はマットを離れたが、妹の現役引退に伴い、再び五輪挑戦への道を辿った。


そうして、“悲運の女王”が辿り着いた最初で最後のオリンピック。

勝利。金メダル。涙、涙、涙。


「すべてを流す涙 すべての苦しみを流す涙」(実況アナウンス)



小原日登美見事。

今回のオリンピックで初めて涙が溢れた。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2077-a245f20f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。