HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

思考というエンターテイメント

NHKで放映された英国BBC製作のテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」のセカンドシーズン全3話をようやく観ることができた。

アーサー・コナン・ドイルが生み出した世界で最も有名な私立探偵シャーロック・ホームズの現代版。

とてもユニークでとても上質な世界観が素晴らしく、

昨年放映されたファーストシーズンを観た直後からセカンドシーズンの放映を待ち遠しくしていた。

あらゆる情報が常に行き交い、それを手の中の小さな端末で引き出すことが出来る現代におけるシャーロック・ホームズの活躍を描いたこのドラマは、

人間の「思考」というメカニズムを視覚化し、そのものをエンターテイメント化することに成功している。

「シャーロック・ホームズ」が実際に居たらきっとこんな感じだという特異なキャラクター描写も実に巧みだし、

それを演じる俳優陣のパフォーマンスも素晴らしい。


ファーストシーズンに引き続き、またとんでもない展開の中で終わりやがる。

で、サードシーズン放映は一体いつなんだ?


SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
(2012/10/05)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2076-21ad1cd7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。