HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

采配による勝利

昨夜は、女子卓球団体決勝の中国戦の前に繰り広げられた、もう一つの中国戦が熱かった。

女子バレーの準々決勝、日本は中国にフルセットの末競り勝ち、ベスト4進出を見事に決めた。

なんだかんだ言っても、自分が携わっていた分、バレーボールでの勝利が個人的には最も燃えるかもしれない。

終盤のもつれ合いの中でしっかりとスパイクを決め切った木村、江畑の両エースは素晴らしかった。

同時に、勝利をもぎ取った大きな要因は、真鍋監督の的確な采配にあったと思う。

特に勝負を決した最後の2得点は、ピンチサーバーの中道の起用が見事に的中し、

最も苦しい2点を鮮やかに勝ち取った。

試合中終始片手にiPadを携えて采配をふるう真鍋監督のスタイルが定着して久しいが、

運動能力、体格、様々な面で外国勢に劣る日本が勝利をするためには、

ゲームの展開による的確な戦術や戦略、それらを総じた「工夫」が不可欠だ。

弱者が強者に打ち勝つために、それはとてもあたり前のことだけれど、

近年の全日本チームの指揮官には、そういうことに対する具体的なアクションが欠けていた。


これで好成績を次々と残している日本勢の他のチーム競技と同様に、

女子バレーもメダル獲得の挑戦権を得た。

こういうチャンスはそうそうあるものではない。

大いに期待したい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2075-9f8f38a2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。