HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

峰不二子

「ルパン三世」の新シリーズアニメ「LUPIN the Third 峰不二子という女」の最終回を観た。

全13話、イロイロ意味で“濃ゆい”世界観とキャラクター描写が、個人的にはたまらなくツボだった。

「ルパン三世」の誕生40周年の特別企画として製作された新シリーズだったが、

その40年間の歴史を顧みて、過去の大傑作や大駄作を踏まえてみても、

この新シリーズの衝撃性と問題性、それらを包括した「意欲」は素晴らしかったと思う。

はっきり言って、「ルパン三世」好きであろうとなかろうと、好き嫌いは大いに分かれる世界観であったことは間違いない。

ただ僕は「見事だった」と言いたい。

最後の最後で、ルパン三世がようやく放つ“あの台詞”は、

「峰不二子という女」というタイトルを掲げたこのシリーズに相応しい幕引きだった。


LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]
(2012/09/19)
ルパン三世

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2051-85c5973e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。