HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

SOTOGOTO

NHKの「外事警察」というドラマが非常に面白かった。

2009年に放映されていたものだが、観ておらず、

続編として製作された映画化作品が公開間近になり、案の定BSで再放送がされていたので録画して欠かさず観てきた。

今週、全6話の第5話目が放送されたので観て、

来週が最終回なのだが、いてもたってもいられなくなったので、TSUTAYAでDVDを借りてきて直ぐさま観た。



“外事警察”と称される公安の外事課という、これまで表立って描かれることがなかった題材は、非常に興味を惹き付けられた。

日本という国と警察組織における公安の存在性と必要性、その内外における危機感を鋭敏に描きつけていたと思う。

一般的な警察ものやアクションものに比べれば、題材の特性もあり全体的に地味な展開が大半を占めるが、

そこには独特の緊迫感が溢れ、非常にスリリングだった。


そして、何と言ってもキャスティングが見事だったと思う。

渡部篤郎を主人公に配したことは大正解だった。

近年の出演作において特に顕著だった彼独特の異様さと凄みは、キャラクターに合致し、他のドラマではお目にかかれない主人公像を作り上げていた。

主人公を取り巻く人物のキャスティングも、一々抜群だったと思う。

総じてキャスティングにも派手さはないのだが、すべてのキャラクターにおいて「適役」としか言えない配役が、ドラマの確かさを支えていたと思う。


これで今週末にも、既に公開されている映画版を観に行ける。時間があれば。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2033-b0d8413a

まとめtyaiました【SOTOGOTO】
NHKの「外事警察」というドラマが非常に面白かった。2009年に放映されていたものだが、観ておらず、続編として製作された映画化作品が公開間近になり、案の定BSで再放送がされていたの...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。