HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

衝撃

「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」の第四話を観て、またまた衝撃を受ける。

冒頭、いきなり峰不二子の情事シーンが繰り広げられる。

モンキー・パンチの原作そのままの「記号」の使い方も賞賛ものだったが、

驚くべきは、その相手……!!

悪い!悪過ぎるぜ、×××××!

いやー、マイッタ。


さあ 
すべてのことを止め
胸だけをときめかせながら
私のことを見つめて

盗むこと
それは壊すことでも奪うことでもない
特別に甘い悪徳
秘密と重罪と悪戯と恐怖のアマルガム
嵐が丘のヒースクリフのように
盗み続けることは
人生をかけた最高の官能

永遠に出られないセクシーな檻
心理的根拠は不明

誰が奴隷なのか誰が主人なのか
神が見ているのか
神に見捨てられているのか
盗むことだけがすべてを忘れさせ
かすかに思い出させる

しゃべらないで逃げて
逃げないで隠して
見つけたら罰して
罰したら殺して
私を救って

でも ヤワな坊や
あなたからはもう盗むものはないの
あなたはとっくにもぬけの殻 
この私と同じように

だから私のことを見つめたいのなら
すべてのことを止め
心臓だけを動かしながらにしなさい

― 「LUPIN the Third 峰不二子という女」オープニングタイトル



この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/2005-b33b25be

まとめtyaiました【衝撃】
「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」の第四話を観て、またまた衝撃を受ける。冒頭、いきなり峰不二子の情事シーンが繰り広げられる。モンキー・パンチの原作そのままの「記号」の

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。