HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

錯綜

情報メディアは益々進化していて、

大した手間をかけずに、色々な人の色々な話を見聞きすることが出来る。

一つの物事に対する多角的な話を聞くと、

世の中に主として伝わっている情報が、

あまりに一方的だったり、

何らかの思惑によって操作されているということが、

多々あるということがよく分かり、唖然とし、怖くなる。

実際、個人的な小規模なことから世界的な大規模なことに至るまで、

一体何を信じたらいいのか分からなくなることが多過ぎる。

また、日本に限らず、世界中のあらゆる国々おいて、

愚か過ぎる真実を目の当たりにすることも多くて、

とても嫌な気分になる。


いろんなことが入り交じり過ぎて、“生きにくい”世の中であることは確かだろう。

けれど、

だからといって「昔は良かった」と安易に比較することには大いに違和感を感じる。

昔より今の方が良いに決まっている。

過去に対して成熟しているからこそ、ありとあらゆる問題が可視化され複雑になっているわけで、

それはやはり必要なことだと思う。


どんなに大変であっても、今が常に最高で、

その先はもっと最高であることを信じれなければ、

生きていく意味などない。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1993-17d02434

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。