HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

偶像

前田敦子はどちらかと言えば「キライ」な方だけれど、

日曜日に、「AKB48卒業!」という報を聞いた時は、もの凄く驚いて、

自分の想定以上に、自分の中でのこのアイドルグループの浸透度が高いことに、また驚いた。

実は数ヶ月前から非常に遅まきながら気にはなりはじめていた。

元来、べつに“アイドル”という存在が嫌いなわけじゃないし、

これほどまで世間を席巻するまでに進化した存在を、

無類のサブカルチャー好きとして気にしないということの方が、どだい無理な話だ。

そんなわけで、先日初めてAKB48のアルバムをレンタルして、

YouTubeではPVを見漁っている。


ああ、きわめてにわか仕込みながら自分なりのAKB48論を語り尽くしたくなる。

なるほど、これがこのアイドルグループの特異な魅力なのか。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1978-260dc142

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。