HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

期待感

2-2で迎えた後半43分。

痛恨のPKを決められ、ドイツに勝ち越された。

「あーあ……」と思いつつ、

2-0から追いついた時点で、昨年のワールドカップ女王の力は見せたと思った。

その途端、なんと再び追いつき3-3。

エースの澤不在でもこのチームの粘り強さは、去年の夏以来確固たるものになっているなと思わざるを得なかった。

ただその数十秒後に更に勝ち越し点をあげられ、結局は3-4でドイツに敗れた。

公式大会の決勝戦だけに負けて良いなんてことはないが、まあ仕方あるまい。

今日初めて知ったが、

アメリカに次いで世界のトップを争う強豪ドイツは、

昨年のワールドカップの準々決勝で日本に敗れてしまった時点で、ロンドン五輪の出場権を逸しているらしい。

これだけ強いドイツがオリンピックに出られないのは、日本としては何とも有り難いことだが、

そりゃあドイツにも意地があるだろう。

ここでなでしこジャパンには負けられまい。

今回の大会は、ロンドン五輪に向けた試金石的な意味合いは強いだろうが、

とにもかくにも公式な世界大会において、確固たる強さを見せ準優勝という結果を残せたことの意味は大きい。

昨年のワールドカップ制覇は、多分に“奇跡的”な要因も大きかったが、

それ以降、国内外から多大な注目を浴び、

それでも「勝利」という結果を残し続けているなでしこジャパンには、

今夏の大イベントでの「勝利」が、より相応しく思えてきた。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1962-5b3adf2e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。