HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

馬鹿らしくも嬉しい

帰宅して、「日本アカデミー賞」の録画を愛妻と見た。

毎度のこと主催側が「受賞してほしい」作品のためのあからさまに偏った選考基準には興がさめる。

が、おそらく初めて、自分の年間No.1映画とこれの作品賞が一致した(「八日目の蝉」)。

10冠なんてのはまた馬鹿らしいが。

故・原田芳雄が遺作となった「大鹿村騒動記」で主演男優賞を受賞したのはそれなりに感慨深いが、

「一命」の市川海老蔵が候補にすら挙っていないのは解せない。

まあ今さらこの茶番劇に文句を言ってもはじまらないが。

まだ観れていないが「冷たい熱帯魚」のでんでんが、

伊勢谷友介の力石徹を抑えて助演男優賞を獲得したのには、「ほほう」と珍しく感心した。


とりあえず、「大鹿村騒動記」と「冷たい熱帯魚」は近いうちに観たいと思う。

そして、愛妻が観たいと言ったので、「八日目の蝉」はDVDを買おうと思う。


八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1955-fad1475a

コメント

冷たい熱帯魚観たい!でんでん気になるうー!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。