HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

喜び悲しみ

朝ドラの「カーネーション」が、泣けて泣けて仕方がない。

誰の人生においても、喜びと悲しみは平等に存在して、

その中で「生きる」ということの本当の素晴らしさに包まれる。

喜びで泣き、悲しみで泣き、そしてまた喜びで泣く。こういうドラマはなかなかない。

歳をとるにつれ、映画やドラマを見て涙を抑えられないことが多くなった。

それはすなわち自分なりに人生重ね人間を深めていけている証拠だと僕は思っている。

男女の恋愛模様に泣けて、夫婦の愛に泣けて、親子の愛に泣けている自分に気付く。

たぶんそれは、素晴らしいことだと思う。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1927-89f7f01e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。