HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりダ・ヴィンチ

死神

クリスマスが近づく。ふと、ディケンズの「クリスマス・キャロル」のことが思い浮かんだ。

何歳の頃から忘れたが、或る年のクリスマスに「クリスマス・キャロル」の仕掛け絵本をサンタクロースから貰った。

仕掛けもさることながら、描かれている絵柄自体が外国の絵本独特のタッチで、子供心には少し恐ろしく、だからこそ惹き付けられた。

あの物語の中で、クリスマスの前夜に、傲慢な寂しい老人“スクルージ”の前に現れたのは、

“死神”だったっけ?“悪魔”だったったけ?“天使”だったったけ?

ということを幼い頃の思い出と共に思い巡らせながら、

伊坂幸太郎の「死神の精度」という小説を読んだ。


“死神”というモチーフ自体が、どうしても幼稚に思えてしまって、方々で好評を見聞きしつつも敬遠していた。

愛妻が、繰り返し「伊坂作品の中ではこれが一番良い」というので、

満を持して、いつもの中古本のショッピンサイトで購入に至った。


「短編集」というよりは、“死神”という同一のキャラクターを狂言回しとして、時空とジャンルを超えた様々な世界観を描いたこの作家らしい「連作」だった。

誰しもに平等な「価値」をもって訪れる「死」が、“死神”というキャラクターの目線で描くことで、必然的な客観性をもって冷静に、辛辣に表現される。

いたずらに感傷的に描かないことで、「死」そのものの存在が際立ち、上質な人間ドラマが象られていたと思う。


そもそも「死神」という概念は、「死」という現象をどこまでも恐れ、突き詰め、受け入れようと永遠に思いめぐらせる人間らしいものだと思う。

思考の中で具現化することで、どうにかして「死」の恐怖を受け止めようとした人間の一つの試みなのだろう。


それは、他の生物から見ればとても「無意味」なことに思えるだろうけれど、

その人間の“怯え”こそが、すべての営みと文化の根源なのかもしれないとも思う。



クリスマスや年末に直接関係性があるわけではないけれど、何となくこの時季に読むに相応しい小説だったなあと思った。


ああ、「クリスマス・キャロル」でスクルージの前に現れたのは、

死神でも、悪魔でも、天使でもなく、

「精霊」だった。



死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1905-337a8f68

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。