HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

陽だまり

三日前の日曜日に、実家の庭の木の下に穴を掘った。

昨日、昼の束の間、家族が集まり、その穴に愛犬のピノコを埋葬した。

空は、先週末までのぐずつきが嘘のように、雲一つなく晴れ渡っていた。

寒がりで、冬の間はずうっと布団と炬燵から出ようとしなかった愛犬を、歓迎するような空に思えた。

冷たく、固くなった愛犬の体に触れ、泣いて、

徐々に土に覆われていく様を見て、また泣いた。


悲しいけれど、あたたかさも感じた。

僕たち家族みなが、この「生命」と寄り添い、支えられたことに対する感謝の想いが、ぬくもりを発していた。


庭の木々が、小春日和の陽だまりの中で風に揺れている。

寂しくなる。

でも、僕たちは、もう少し生きてみる。


NEC_4652.jpg

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1885-7f2f57c0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。