HOME>ひとりごとの記憶

悲しみ

新居浜の街の中心の大通りを営業車で走る。

土曜日で大雨だからか、侘しく、閑散としている。

そんな中を、嗚咽を漏らしながら、街の端まで走った。

海に出たかったけれど、闇雲に辿り着いたのは、工場が建つ河口だった。

車を止め、取り敢えず泣いた。

声を出して、泣いた。

悲しいけれど、やはり感謝の方が大きい気がする。

とてもじゃないが、今はこれ以上は言葉にならない。

ただ悲しみに暮れよう。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1881-b25aa5d3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】