HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

異様なるアウェー

少し遅く帰宅し、サッカー日本代表の北朝鮮戦を録画で観戦。

夕刻に訪れた営業先の社長が事務所でテレビ観戦をしていたので、

1点ビハインドの途中経過は知っていた。

その後、せめてドローには持ち込めたかと期待したが、結局そのまま敗戦してしまっていた。

何がどうであれ“勝負事”なので、敗戦に対して「仕方ない」とは決して言わないけれど、

22年ぶりという平壌での「完全アウェー」は、やはり通常ではあり得ない「異様」な状況だったようだ。

圧倒的な大声援や大ブーイングなんかは、中東や中国でのアウェーでも珍しくないことだろうが、

それらが明らかに「統制」されている様が常軌を逸していたようだ。

あれほどまで異様な環境だと、

選手たちにとっても、制限を受けながら応援に駆けつけた数少ないサポーターたちにとっても、

「勝利」を得られなかった不満よりも、

貴重な「経験」を得られた満足感の方が大きいのではないかと思った。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1876-67fc58a0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。