HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりダ・ヴィンチ

“衝動”

今月も終盤。いつものように、忙しくないわけがないのだが、気忙しさが積もるばかりで相変わらず動きが鈍い。

それでも、ほんとうにギリギリであるが、ある程度の目算は経ったので、ふと本屋に立ち寄った。

「エスパー魔美」の文庫本の第3巻でも買おうと思って探したが、無かった。

ふと文芸書の文庫本の最新刊コーナーに並んでいた小説のタイトルが気になり、衝動買いした。


「殺人鬼フジコの衝動」/真梨幸子


文庫本の帯には「後味の悪さ」と「ラストの衝撃」が強調されたコメントが記載されていた。

おそらくは、湊かなえの「告白」のような類いの小説なのだろうと容易に推測でき、だからこそ期待できた。


合間合間の時間を潰すために読むつもりだったが、まんまと“一気読み”してしまった。

ストーリーそのものに「告白」ほどの完成度の高さは無いが、

前評判通りに後味はサイコーに悪い。

とにかく、登場する人間という人間が、揃いも揃って胸糞悪い人間ばかり。

よくもまあ、これほど酷い人間描写ばかりを書き連ねられるものだと、

不快感を募らせつつ、そのくせその文体から目が離せなかった。


ドキュメント調の計算され尽くした文体の構造はオリジナリティーに溢れ、逆にエンターテイメント性の高さを感じた。

しかし、この小説にエンターテイメントを感じてしまうということ自体が、

自分自身も含め、すべての人間に巣食う“闇”を見透かされているようで、

そのことが何よりも後味を悪くした。

結局のところ、人間の最大の好物は、自分以外の人間の「不幸」なのかもしれない。


日がすっかり暮れた高架下に停めた車内で、重く沈み込むように、そう思った。


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
(2011/05/07)
真梨幸子

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1854-e4a9af63

コメント

これこないだ買ってまだ読んでないんすよ。
さっそく読むことにするわ。
なんたって、「フジコ」やけんね。必読でしょう。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。