HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

Steven Paul Jobs

スティーブ・ジョブズの訃報は、数時間で世界中を駆け巡った。

Twitterでは、カテゴリーを問わず様々な人が彼の死に触れ悼んでいた。

当然、僕もその中の一人だ。

初めてアップル社の製品を買ったのは4年前の冬、日本製品のMP3プレイヤーを買いに行って、“iPod nano”を衝動買いしてしまった。

その時の「衝動」の瞬間から、僕はアップルユーザーになったのだろうと思う。

そのすぐ後に、Macbookを買い、iPodは2度バージョンアップし、iPadを使い始め、iMacも買った。

ものすごく自然な意味合いで、自分の日常生活にアップル社の製品は溶け込んでいる。

世界中の多くの人にとって同じことが言えるだろうと思う。

そういう製品を生み出し続けたことは、

もはや一企業における経営手腕の評価を超えて、「偉業」だと讃えられると思う。


11月には本人認定の伝記も出版されるらしい。

彼を描いた映画なども近い将来必然的に製作されるだろうと思う。

不謹慎な言い方だが、早くその映画が観たいと思う。

それは即ち、スティーブ・ジョブズという人が「偉人」となったことの表れだ。

彼の精神が、今後も引き継がれていくことを願ってやまない。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1846-4b2c9ff5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。